テクニカルFAQ

質問

Network Management Card 2のAPC Device IP Configration Wizard 5.0.2 を使用したIPアドレス設定方法

ANSWER
Network Management Card 2 (AP9630J), Network Management Card 2 EM (AP9631J)で同梱CD収録のAPC Device IP Configration Wizardを使用した初回導入時のIPアドレス設定方法の説明です。

Network Management Card 2 (AP9630J, AP9631J)については、出荷時にIPアドレスは設定されておりません。
ご使用されるにあたり、製品に対してIPアドレスの設定が必要となります。

DHCPによる割り振りを行わず、手動にてIPアドレスを設定するにあたり、 "APC Device IP Configration Wizard " を使用した際のIP設定方法について以下に記載します。
最新版のAPC Device IP Configration Wizard はダウンロードサイトからダウンロードできます。こちらのダウンロードページをご確認ください。

あらかじめ以下についてご注意下さい
・UPSに組み込んだNetwork Management Cardが通電されていること(Status LEDが点灯、点滅していること)、ネットワークケーブルが挿してあること(Link LEDが点灯)を確認下さい。

・下記の手順2項についてはネットワークに接続していることが前提となります。またネットワーク経由でBOOTPプロトコルを使用したIPの割り付け方法となります。
BOOTPが機能しないネットワークではNetwork Management Cardを検出出来ません。その場合には手順3項の"IPアドレス設定済みのNetwork Management Cardの確認方法"をご参照いただくか
シリアルケーブルを利用しIPアドレスを設定してください。

・複数台の未設定のNetwork Management Cardがある場合、あらかじめMACアドレスをお控えください。検出結果はMACアドレスで表示されます。
* MACアドレスはNetwork Management Cardの基板のシールに記載されております。

・APC Device IP Configration WizardについてはWindows用のexeファイルとなります。使用にあたってはWindowsにて実行ください

1. インストール                                                 

1-1. Device IP Configuration Wizard.exeを実行
       Network Management Card 2に同梱されています、Device IP Configuration Wizard.exeを実行してください。


1-2. 言語選択
   言語を選択してください。(ここではJapaneseを選択します)


1-3. Welcome to the Device IP Utility 5.0.2 Setup Wizard
       Setup Wizardが開始しましたら、[ 次へ > ] をクリックください。


1-4. 使用許諾
   使用許諾が表示されましたら、内容を確認のうえ[ 同意します ] をクリックしてください。


1-5. インストール先の選択
       インストール先を指定し、[ インストール ] をクリックしてください。
       デフォルトのインストール先は、"C:\Program Files\Schneider Electric\Device IP Utility 5.0.2"となります。


1-6. インストールの開始
       インストールを開始します。


1-7. インストールの完了
   インストールが完了したので、[ 完了 ]をクリックしてください。
   Run Device IP Utility 5.0.2にレ点チェックをいれておりますと、Finishをクリック後にDevice IP Configuration Utilityが自動起動します。


2. Device IP Configuration UtilityのIP設定方法                                      

2-1. Network Management Cardの検出
   タグ[ IP未設定のデバイスの検出とセットアップ ]を選択し、[ 検索開始 ]をクリックしてください。
   MAC Address に工場出荷時状態(BOOTP)のNetwork Management Cardが検出されます。


2-2. IPアドレスの設定
   MACアドレスが検出できたら、対象MACアドレスをクリックし IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスを
   設定し、『変更の適用』ボタンを押下してくだあい。
   これでIPアドレスが設定されます。

3. IPアドレス設定済みのNetwork Management Cardの確認方法                        
3-1. タグ[ IP設定済みデバイスの検出 ]をクリックしてください。
       検索するIP範囲 の 開始 IPと 終了 IPに 検出するIPアドレスのスタートとエンドを設定し
       [ 検索開始 ]をクリックしてください。

      Network Management Cardが検出され、MAC Adress, IPアドレス、デバイス情報が表示されます。
     対象レコードをダブルクリックすると、ブラウザが起動し対象Network Management Cardへアクセスします。



 
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?