テクニカルFAQ

質問

Network Management Card 2のSmart-UPS LCD(SMT/SMXシリーズ)前面液晶パネルでのIP設定方法

Network Management Card 2 (AP9630J), Network Management Card 2 EM (AP9631J)のIPアドレスを
Smart-UPS LCD(SMT/SMXシリーズ)の前面液晶パネルから設定、および変更する方法の説明です。

Network Management Card 2 (AP9630J, AP9631J)は、出荷時には DHCP & BOOTPによる自動割付に設定されております。
カード自体に出荷時には、特定のIPアドレスは振られておりません。
ご使用されるにあたり、固定(静的)IPアドレスを割り振ってご使用される場合には、製品に対して設定が必要となります。

以下にUPS前面部の液晶パネルから、IPアドレスの設定を行う方法を記載致します。

                 
SMT, SMXシリーズの LCD, 操作ボタン配置 SMT1200RMJ1Uの LCD, 操作ボタン配置
【設定方法】
 - Advanced Moodeへ切り替え -
1. [ Esc ] ボタン(2)を押し、"メインメニュー"(Main Menu)を表示
2. 下ボタン(5)を押し "セッテイ"(Configuration)を選択し、エンターボタン(3)を押す
3. 下ボタン(5)を押し "メニュータイプ"(Manu Type)を選択し、エンターボタン(3)を押す
4. 下ボタン(5)を押して、"スタンダード"(Standard)から"アドバンス"(Advanced)に変更し、エンターボタン(3)を押す
  ※既に アドバンス(Advanced)の設定になっている場合は、そのままエンターボタン(3)を押す

- Network Management Card の IPアドレス設定 -
5. 下ボタン(5)を押し、"セッテイ NMC"(Config NMC)を選択し、エンターボタン(3)を押す
6. 下ボタン(5)を押して、"NMC IP アドレス モード" (NMC IP Address Mode)に変更し、エンターボタン(3)を押す
7. 下ボタン(5)で"マニュアル"を選択しエンターボタン(3)を押す
8. 下ボタン(5)を押して、"NMC IP アドレス"(NMC IP Address)でエンターボタン(3)を押下し、IPアドレスを第1オクテットから設定
 ※下ボタン(5)を長押しすることで、数字を早送りすることができます。エンターボタン(3)を押すことで確定し、第2オクテット、第3オクテットへと移動します。
9. NMC IPアドレス同様に、"NMC サブネットマスク"(NMC Subnet Mask)、"NMC Def ゲートウエイ"(NMC Def Getway)を設定

上記が操作が完了することで、自動的にNetwork Management Card 2の再起動が開始されます。
(再起動中、Network Management Card2のステータスランプが緑とオレンジで素早く点滅します。また、この再起動に伴って、UPS本体の電源出力が停止することはございません。)
再起動が完了致しましたら、インターネットブラウザより設定頂いたIPアドレスを入力することで、Network Management Card 2にアクセス可能です。


・ 今回の設定後に、UPSの液晶パネルで待機画面が変わった場合

元々スタンダードモードでご利用されている場合、アドバンスモードに変更したことで、液晶パネルの待機表示が変わります。
以下 図1.の画面表示に戻す場合は以下の設定を実施ください。
1. [ Esc ] ボタン(2)を押下し、"メインメニュー"(Main Menu)を表示
2. 下ボタン(5)を押して "セッテイ"(Configuration)を選択し、エンターボタン(3)押す
3. 下ボタン(5)を押して "メニュータイプ"(Manu Type)を選択し、エンターボタン(3)を押す
4. 下ボタン(5)を押して、"アドバンス"(Advanced)から"スタンダード"(Standard)に変更し、エンターボタン(3)を押し


図1. スタンダードモードの待機画面
 

これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?