テクニカルFAQ

質問

PowerChute Business Edition AgentのJREバージョンをアップグレード後、PowerChute Business EditionコンソールからPowerChute Business Editionサーバーにアクセスできない

【問題の概要】
JRE Configuration Toolを用いて、PowerChute Business Edition Agent のJREバージョンをアップグレード後、PowerChute Business Edition AgentおよびServerのサービスを再起動した後、PowerChute Business Edition ConsoleにPowerChute Business Edition Serverにアクセスできないというエラーメッセージが表示される。

【対象バージョン】
PowerChute Business Edition Agentバージョン 9.0.1, 9.1.1, 9.0.3, 9.2.1, 9.0.4

【環境】
OS: Windows x64, x86

【原因】
Java 8 update 60またはそれ以上のバージョンではセキュリティのアップデートが行われており、PowerChute Business Edition コンソールとPowerChute Business Edition サーバー間の通信が妨げられる。

【回避策】
PowerChute Business Edition v9.2.1にアップデートしてください。詳細はこちらを参照してください。
アップデートができない場合、JREバージョンをJRE 8 update 60またはそれ以降のバージョンにアップグレード後、以下の手順を実行してください。v9.2.1へのアップデート後、JREをJRE 8 update 102よりも新しいバージョンにアップデートする場合も以下の手順を実行してください。

1.  以下のコマンドを実行し、PowerChute Business Edition AgentおよびServerサービスを停止する。
Server:
net stop apcpbeserver

Agent:
net stop apcpbeagent

2.  PowerChute JREフォルダにある lib\security\java.securityファイルをテキストエディターで開く。

JREの保存先の例
Windows x86:
C:\Program Files\APC\PowerChute Business Edition\JreConfigTool\1.8.0_60

Windows x64:
C:\Program Files (x86)\APC\PowerChute Business Edition\JreConfigTool\1.8.0_60

Linux:
/usr/java/jre1.8.0_60 (デフォルトのJava JREインストールディレクトリ)

jdk.tls.disabledAlgorithmsを含む行を以下のように修正する。
 
a.    disabledAlgorithmからRC4を削除する
b.    DHキーサイズ制限を768から256に変更する
修正前:
jdk.tls.disabledAlgorithms=SSLv3, RC4, DH keySize < 768

修正後:
jdk.tls.disabledAlgorithms=SSLv3, DH keySize < 256

3. PowerChute Business Edition Agentバージョン9.0.1の場合、以下の手順を実行してください。
PowerChute JREフォルダにある lib\security\java.securityファイルをテキストエディターで開く。

JREの保存先の例
Windows x86:
C:\Program Files\APC\PowerChute Business Edition\JreConfigTool\1.8.0_60

Windows x64:
C:\Program Files (x86)\APC\PowerChute Business Edition\JreConfigTool\1.8.0_60

Linux:
/usr/java/jre1.8.0_60 (デフォルトのJava JREインストールディレクトリ)

 jdk.tls.legacyAlgorithms (ファイルの最後の方にあります)を含む行から‘RC4_128,’を削除する。
修正前:
jdk.tls.legacyAlgorithms= \
K_NULL, C_NULL, M_NULL, \
DHE_DSS_EXPORT, DHE_RSA_EXPORT, DH_anon_EXPORT, DH_DSS_EXPORT, \
DH_RSA_EXPORT, RSA_EXPORT, \
DH_anon, ECDH_anon, \
RC4_128, RC4_40, DES_CBC, DES40_CBC
 
修正後:
jdk.tls.legacyAlgorithms= \
K_NULL, C_NULL, M_NULL, \
DHE_DSS_EXPORT, DHE_RSA_EXPORT, DH_anon_EXPORT, DH_DSS_EXPORT, \
DH_RSA_EXPORT, RSA_EXPORT, \
DH_anon, ECDH_anon, \
RC4_40, DES_CBC, DES40_CBC
            
4.  以下のコマンドを実行し、 PowerChute Business Edition Agentのサービス/デーモンを再起動する。
Server:
net start apcpbeserver

Agent:  
net start apcpbeagent
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?