テクニカルFAQ

質問

PowerChute Business Edition AgentのJREバージョンをアップグレード後、PowerChute Business Edition Console/ServerにPowerChute Business Edition Agentを追加できない

【問題の概要】
JRE Configuration Toolを用いて、PowerChute Business Edition Agent のJREバージョンをアップグレード後、サービスまたはデーモンを再起動した後、PowerChute Business Edition Console/ServerにPowerChute Business Edition Agentを追加しようとすると、以下のエラーが表示される
 “Could not login to <device>”
または
 “Failed to add <device>”

【対象バージョン】
PowerChute Business Edition Agentバージョン 9.0.1, 9.1.1, 9.0.3, 9.2.1, 9.0.4

【環境】
OS: Linux, Solaris, Windows x64, x86

【原因】
Java 8 update 60またはそれ以上のバージョンではセキュリティのアップデートが行われており、PowerChute Business Edition ServerとPowerChute Business Edition Agent間の通信が妨げられる。

【回避策】
PowerChute Business Edition v9.2.1にアップデートしてください。詳細はこちらを参照してください。
アップデートができない場合、JREバージョンをJRE 8 update 60またはそれ以降のバージョンにアップグレード後、以下の手順を実行してください。v9.2.1へのアップデート後、JREをJRE 8 update 102よりも新しいバージョンにアップデートする場合も以下の手順を実行してください。

1.  以下のコマンドを実行し、PowerChute Business Edition Agentサービス/デーモンを停止する。
Windows:
net stop apcpbeagent

Linux:
/etc/init.d/PBEAgent stop

2.  PowerChute JREフォルダにある lib\security\java.securityファイルをテキストエディターで開く。

JREの保存先の例
Windows x86:
C:\Program Files\APC\PowerChute Business Edition\JreConfigTool\1.8.0_60

Windows x64:
C:\Program Files (x86)\APC\PowerChute Business Edition\JreConfigTool\1.8.0_60

Linux:
/usr/java/jre1.8.0_60 (Default Java JRE install directory)

jdk.tls.disabledAlgorithmsを含む行を以下のように修正する。
 
a.    disabledAlgorithmからRC4を削除する
b.    DHキーサイズ制限を768から256に変更する
修正前:
jdk.tls.disabledAlgorithms=SSLv3, RC4, DH keySize < 768

修正後:
jdk.tls.disabledAlgorithms=SSLv3, DH keySize < 256

3. PowerChute Business Edition Agentバージョン9.0.1の場合、以下の手順を実行してください。
PowerChute JREフォルダにある lib\security\java.securityファイルをテキストエディターで開く。

JREの保存先の例
Windows x86:
C:\Program Files\APC\PowerChute Business Edition\JreConfigTool\1.8.0_60

Windows x64:
C:\Program Files (x86)\APC\PowerChute Business Edition\JreConfigTool\1.8.0_60

Linux:
/usr/java/jre1.8.0_60 (Default Java JRE install directory)

 jdk.tls.legacyAlgorithms (ファイルの最後の方にあります)を含む行から‘RC4_128,’を削除する。
修正前:
jdk.tls.legacyAlgorithms= \
K_NULL, C_NULL, M_NULL, \
DHE_DSS_EXPORT, DHE_RSA_EXPORT, DH_anon_EXPORT, DH_DSS_EXPORT, \
DH_RSA_EXPORT, RSA_EXPORT, \
DH_anon, ECDH_anon, \
RC4_128, RC4_40, DES_CBC, DES40_CBC
 
修正後:
jdk.tls.legacyAlgorithms= \
K_NULL, C_NULL, M_NULL, \
DHE_DSS_EXPORT, DHE_RSA_EXPORT, DH_anon_EXPORT, DH_DSS_EXPORT, \
DH_RSA_EXPORT, RSA_EXPORT, \
DH_anon, ECDH_anon, \
RC4_40, DES_CBC, DES40_CBC
            
4.  以下のコマンドを実行し、 PowerChute Business Edition Agentのサービス/デーモンを再起動する。
Windows:
net start apcpbeagent

Linux:  
/etc/init.d/PBEAgent start
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?