テクニカルFAQ

質問

PowerChute Network ShutdownでHyper-Vホストをシャットダウンする際のシャットダウンに要する時間について

このページでは、PowerChute Network ShutdownでHyper-Vホストをシャットダウンする際、シャットダウンに要する時間の見積もりについての注意事項を説明しています。

【概要】
PowerChute Network Shutdown for Virtualization

【対象バージョン】
PowrChute Network Shutdown v3.1/v4.0

【環境】
Windows ServerでHyper-Vを有効にしている環境

【説明】
Hyper-Vを有効にしている環境でホストをシャットダウンする場合、以下のシーケンスで実行されます。
  1. PowerChute Network ShutdownはHyper-Vのクラスターノードを一時停止
  2. 仮想マシンのマイグレーション/シャットダウンを実行
  3. PowerChuteがNetwork Management Cardに対し、UPS (またはコンセントグループ)のオフコマンドを送信
  4. PowerChuteがホストのシャットダウンを実行
上記のステップ3で、UPSまたはコンセントグループがオフコマンドを受信すると、以下の時間が経過すると出力を停止します。
  • コンセントグループのないUPS: バッテリー残量低下持続時間または最大必須遅延の長い方の時間 + 2分(固定) + UPSシャットダウン遅延時間
  • コンセントグループのあるUPS: コンセントグループ電源オフ遅延時間
UPSまたはコンセントグループの停止までの遅延時間を設定する際は、クラスターノード一時停止時間を含めたホストのシャットダウンに要する時間を考慮する必要があります。クラスターノード一時停止時間はお客様環境により異なりますので、ご注意ください。

 
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?