テクニカルFAQ

質問

PowerChute Network Shutdown v3.1/v4.xのHyper-V環境で、シャットダウン時に仮想マシンを移行する際の注意事項

このページでは、PowerChute Network Shutdown v3.1/v4.xをHyper-V環境で使用する場合に、シャットダウン時に仮想マシンを移行する際の注意事項について説明しています。

【対象製品】
PowerChute Network Shutdown v3.1/v4.x

【環境】
  • Hyper-VのHAクラスタリングが有効になっている環境で仮想マシンのマイグレーション(移行)を行う場合
  • ホストがSCVMMによって管理されていない場合
【注意事項】

仮想マシンの移行がサポートされるのは、仮想マシンが同じフェイルオーバークラスタに含まれるHyper-Vホストで稼働している場合に限ります。
仮想マシンが移行されない場合は、オンラインヘルプの「Jyper-Vトラブルシューティング」を参照いただいたうえで、 MigrationTargetHosts.txtファイルに設定されているホスト名が正しいことを再度確認してください。

【仮想マシン移行のトラブルシューティング】

以下の場合は仮想マシンが移行されません。移行が行われない場合、以下の点を確認してください。
  • ターゲットホストのCPUが ソースホストと互換性がない。
  • 仮想マシンに ホストのCD/DVDドライブが接続されている。
  • 移行を試みた際にネットワークエラーが発生している。
  • ターゲットホストで、 仮想マシンの移行に必要なメモリやCPUなどの リソースが足りない。
  • [Duration(所要時間)]フィールドで設定した移行時間が、 すべての仮想マシンの移行を実行するには不十分だった。
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?